指導方針講師紹介

指導方針

塾長 武藤 広明東京大学理学部数学科卒

赤門会は創立以来50余年、一貫して「実力講師による完全一対一のマンツーマン指導」にこだわり、大学受験指導に携わってきました。

赤門会では、いずれの科目も基礎をしっかりと身につけることを重視します。「基礎=簡単に身につく」と思われがちですが、教える側に立つと、基礎事項を生徒にわかりやすく説明することはとても難しく、その分野・科目の全体像を完全に把握できていなければ、正確な内容を適切な言葉で伝えることはできません。

また、マンツーマン指導を行うには、学力はもちろんのこと、生徒一人ひとりと良好なコミュニケーションをとり、生徒を力強く引っ張っていくための人柄や指導力が求められます。それだけに、講師の選定には厳格な姿勢で臨んでおり、東大卒中心の、個別指導経験豊富な「個別指導のプロ講師」から成る陣容を敷いています。


教務 高木篤志 中央大学法学部 政治学科卒

生徒が終始安定して勉強に集中できるよう、授業以外の場面でも生徒一人ひとりと向き合い、メンタル面でも手厚くサポートいたします。

受験年次生について、入試直前期には、ご本人・保護者様の意向を基に、模試成績や学力上の特徴を踏まえて、受験校の選定に関して適切なアドバイスをいたします。

また、医学部では一般入試でも、出願時に志望理由等の記述を求められるケースがよくありますが、大事な入試直前期に学習時間が圧迫されないよう、それらの添削指導を行います。さらに、1次クリア後には面接対策指導を徹底的に行います。

その他、受験で成果をあげるにはご家族のサポートも重要であることから、毎月ご家庭へお送りする指導報告書、年2回の父母面談会など、保護者様と密な連携をとることを重視しています。


指導方針講師紹介

講師紹介

英語数学化学/物理生物小論文

英語

english 長井 協子 東京大学 文学部言語文化学科卒 “英語は決して努力を裏切らない科目です” “英語は決して努力を裏切らない科目です” 英語は、文法のしくみを理解して覚え、語いを増やし、読解、作文の練習を積めば、誰でも確実に得点できるようになります。この道筋は見えやすいのですが、いざ実践するとなると、読書習慣の欠如から読解力に難があるなど、様々な困難に直面してしまいます。
授業は、(1)文法のしくみをきちんと理解することからスタートします。記憶に残りやすくするには、暗記頼みではなく理解することが大事で、疑問点はその場で解決させます。(2)語いについては生徒まかせにせず、学習進度を指示したうえで、その進捗をコンスタントにチェックしていきます。(医学部受験コースでは、年間を通して単・熟語テストを課すコマが別途あります。詳細はこちらまで)(3)読解面では、文法知識を駆使して文構造を把握する練習から始めます。そして、適切なスピードでメリハリをつけて長文を読む練習を、最終的には過去問を利用して数多く積んでいきます。
英語は、いったん学習のコツを体得すれば、決してその努力を裏切らない科目です。英語を学ぶことで母語と異なる世界が一つ増え、一生に渡って世界への視野を広げられる、代え難い力を得ることができます。ぜひ一緒に新たな世界への道を歩んでいきましょう。 長井 協子 東京大学 文学部言語文化学科卒
井上 雅文 米国ジョージア大学 マスコミュ二ケーション学部卒 “速く正確に読む力を磨き、得点力の向上に結びつけます” “速く正確に読む力を磨き、得点力の向上に結びつけます” 私が信条とするのは、生徒の現状(学力,投入可能な学習時間)と志望校の水準から最適な計画を策定し、臨機応変に指導することです。指導に当たっては、「読解問題重視,課題文のさらなる長文化」といった近年の入試傾向に対処すべく、特に「(1)品詞・文構造を意識し、センスグループごとに、英語の語順で理解していくことでの速読力の向上 (2)対比される論点と用語の言い換えへの着目による読解力全般・得点力の向上」に主眼を置いています。 井上 雅文 米国ジョージア大学 マスコミュ二ケーション学部卒 佐藤 明日子 東京大学 法学部第一類卒 “既習内容の定着度が高まるよう、きめ細かにバックアップします” “既習内容の定着度が高まるよう、きめ細かにバックアップします” 文法・語法上の様々なルールなど、覚えるべきことが多い英語では、特に復習が大事です。しかし、それを自己管理の下、きちんと継続させていくのは難しいものです。英語を苦手にしている方はなおさらです。
そこで、毎回の授業を通して理解度・定着度をチェックし(そのために、口頭で答えてもらう時間をなるべく多く作ります)、問題箇所については宿題や定着度確認テストで繰り返しアウトプットしてもらうことで、既習内容に穴があかないようにしていきます。
また、実効性のある復習の仕方についても、その都度具体的に指示します。正しい復習を重ねて実力アップを図り、志望校合格を勝ち取りましょう。 佐藤 明日子 東京大学 法学部第一類卒

英語数学化学/物理生物小論文

数学

mathematics 武藤 広明 東京大学 理学部数学科卒 “対話を通して理解の質を高めていきます” “対話を通して理解の質を高めていきます” 数学に苦手意識があるかた、数学の勉強に時間を割いているはずなのにあまり成績が伴わないかたの多くは、参考書の説明や問題文を正確に把握することができていません。「正確に把握する」ことはたんに「日本語の文章としての意味を捉える」ことではありません。議論の対象となっている専門用語の意味、性質、扱われる頻度が高い話題などが頭に入っていなければ、それぞれの問題の要点を把握することは難しくなります。例えば、三角関数について、「三角関数の定義」、「三角関数の性質」、「三角関数について問われること」が、完璧とはいかないまでも十分に整理されていなければなりません。一方で、これらの事柄がどの程度整理されているかを知ることは、漠然と問題を解いているだけでは難しいものです。生徒と対話を十分行うことでそれぞれの生徒の状況を掴み、これらの理解を一つずつ深めていくことを重視して授業を行っています。 武藤 広明 東京大学 理学部数学科卒 鈴木 一哉 東京大学大学院 数理科学研究科修了 “「基本事項を正確かつ迅速に運用する力」の養成に注力します” “「基本事項を正確かつ迅速に運用する力」の養成に注力します” 一部の難関校を除けば、受験数学では、基本重要事項レベルの内容をいかに正確かつ迅速に運用できるか否かが大きなカギになります。そこで、まずは全範囲について基礎的な土台となる学力の構築を目指します。授業は各生徒の分野による凸凹に応じて強弱をつけ、時間効率に配慮して進めていきます。また、適宜こちらから発問することで、基礎理解に穴がないか、答が合っていても、それが正しい考えに基づき解けたのかを綿密にチェックします。過去問演習に移行した後も、基礎に穴が見つかったときはすぐにテキストに立ち戻り、周辺部分も含めて復習を徹底的に行います。 鈴木 一哉 東京大学大学院 数理科学研究科修了 利沢 隆人 東京大学大学院 工学系研究科修了 “「解法暗記」から「解法理解」へ、これが数学を克服するカギになります” “「解法暗記」から「解法理解」へ、これが数学を克服するカギになります” 数学の学習で最も重要なのは「解法の理解」です。「なぜそう解くのか」、「なぜそうすれば解けるのか」を理解したうえで、解法を頭に刻むことです。その大切さがわかった生徒は、例外なく成果をあげます。逆に「解法は暗記するもの」と思い込んでいる、そのつもりはなくても、結果的にその状態に陥っている生徒は必ず伸び悩みます。
授業では用紙に要点をまとめながら説明し、受講を続ける中で、自分専用のオリジナル参考書が完成するよう努めていきます。それを何度も反復して解法理解を深めていくことが、得点力アップに直結します。 利沢 隆人 東京大学大学院 工学系研究科修了

英語数学化学/物理生物小論文

化学・物理

chemistry_physics 戸来 又四郎 [担当科目:化学] 北里大学薬学部 製薬学科卒 “生徒がなるべくラクに、そして「楽しい」と思えるような授業を心がけてまいります” “生徒がなるべくラクに、そして「楽しい」と思えるような授業を心がけてまいります” 化学の学習で肝心なのは学習効率です。全範囲に渡る膨大な内容をやみくもに詰め込むのではなく、理解すべき原理、最小限の知識で導けること、暗記すべき事項をきちんと整理することが重要です。そのうえで、暗記事項についてはゴロなども駆使して効率よく覚える方法を、計算問題では極力簡単に解く手順を伝授することで、生徒がなるべくラクに、そして「楽しい」と思えるような授業を心がけてまいります。
また、医学部志望生については、医学部受験用オリジナルテキストを併用いたします。これは、医学部入試で差がつきやすい難解な知識問題までをカバーしたもので、大手予備校・医系専門予備校で手薄になりがちな無機・高分子分野まで充実させています。
後期中盤以降の授業では、生徒ごとに重視する大学の過去問演習に力点をおきます。具体的には、5年分くらいカバーすることで出題傾向を把握し、弱点箇所が見つかれば徹底的に対処します。さらに、大問ごとの時間配分や解答順序など、戦術面でも適切なアドバイスをすることで実戦力を磨いていきます。特に医学部入試では、大学により出題傾向が大きく異なるので、過去問対策の習熟度は本番での得点を大きく左右します。 戸来 又四郎 [担当科目:化学] 北里大学薬学部 製薬学科卒
林 和寛 [担当科目:化学/物理] 東京大学大学院 工学系研究科修了 “原理を正しく理解し、納得してもらうことを重視します” “原理を正しく理解し、納得してもらうことを重視します” 化学・物理とも私が重視するのは、まず原理についてしっかり納得し、「腑に落ちた」状態にしてもらうことです。それにより、知識面では丸暗記と違って効率よく覚えられるようになります。また、問題に際して誤った方針を立てたときに違和感をもてるようになります。もう一つは、例外が少なく、適用範囲の広い解法手順を身につけてもらうことです。この2点を実践することで、これまでより数段らくに化学・物理の勉強を進められるようになります。 林 和寛 [担当科目:化学/物理] 東京大学大学院 工学系研究科修了 深石真行 [担当科目:物理] 東京理科大学 大学院理学研究科修了 “最重要ポイントは、そこで成り立つ物理法則を正しく見極めることです” “最重要ポイントは、そこで成り立つ物理法則を正しく見極めることです” 物理の学習において、標準的な解法パターンを覚えることは大事ですが、それがやみくもな丸暗記ではいけません。問題で少しひねられると、どのパターンを使うかの判断が難しくなってしまうからです。
大事なのは、高校物理で習う各現象がどういうプロセスで成立しているのかを正確に理解することです。それにより、高難度の初見問題に際しても、そこで成り立つ物理法則を正しく見極められるようになり、どのパターンに持ち込めばよいのかがわかるようになります。授業は、解答過程を自分の言葉で説明できるようになることを重視して進めていきます。 深石真行 [担当科目:物理] 東京理科大学 大学院理学研究科修了

英語数学化学/物理生物小論文

生物

biology 森 隆之 東京大学 理学部卒 “生徒一人ひとりの状態に合わせて、合格点確保までの道程に寄り添ってまいります” “生徒一人ひとりの状態に合わせて、合格点確保までの道程に寄り添ってまいります” 一般に入試生物では、典型問題の類題をほぼ得点でき、初見問題をある程度拾えれば合格点に達します。国語・数学の基礎学力がすでに高い方なら例外もありますが、たいていの場合、その段階に至るには相応の、長期的な準備を要します。そこで、生徒一人ずつ、スタート時の状態を見極めたうえで適切な計画を立て、合格点確保までの道程に寄り添ってまいります。また、生物は市販テキスト掲載問題と実際の入試問題では質・量的にかなり差があるので、授業ではなるべく早期から過去問を用いて、慣れてもらうようにします。長く難解な問題文に際して、いかにしてポイントを押さえて短時間で読み取るかなど、過去問を用いた実戦的な指導にも時間を多く割いていきます。 森 隆之 東京大学 理学部卒 松本 一直 北海道大学 水産学部 増殖生命科学科卒 “各々の生命現象のつながりを把握していくことが大事です” “各々の生命現象のつながりを把握していくことが大事です” 生命科学は日々進展しており、その研究成果が生物の入試問題にも反映されます。入試問題は細分化され、暗記するべき生命現象も年々増えています。しかし、それらの現象を俯瞰するとすべてつながっていることがわかり、この視点が大学入試では求められます。つまり、それぞれの生命現象の関連性、つながりを理解し、頭に入れていくことが重要です。そうした姿勢で、膨大な知識を効率よく覚えていく要領を伝授し、生物が得意科目になるようフォローしてまいります。 松本 一直 北海道大学 水産学部 増殖生命科学科卒

英語数学化学/物理生物小論文

小論文

essay 松本 一直 北海道大学 水産学部 増殖生命科学科卒 “書き方を学び、重要関連知識を修得する、この二本立てで合格答案を作れるよう導いてまいります” “書き方を学び、重要関連知識を修得する、この二本立てで合格答案を作れるよう導いてまいります” 小論文を書く際の要諦は、重要なキーワード(概念)を用意し、それを用いて論理的に文章を展開させていくことです。起承転結で言えば「転」が最も重要な勘所となります。当然のことながら修練が必要ですが、この要諦をいったん把握できれば、一生涯を貫いて活用できる思考の方法を体得することができます。
段落構成の仕方など、書き方を学ぶことの他に、論述するには必要十分な知識が必要です。そこで、志望校およびその周辺大学の過去問に当たり、出題傾向を分析したうえで、重要と思われるテーマを掘り下げ、関連知識の修得に努めます。併せて、志望校の出題形式や制限字数に従ってなるべく多くの答案を作ってもらい、その添削を通して表現力も鍛えていきます。 松本 一直 北海道大学 水産学部 増殖生命科学科卒