各科目講師&教務によるチーム指導

入試で合否を左右するのは、あくまでも受験科目全体の合計点です。大学によって、科目ごとの配点・問題自体の難易度に差があるケースは多く、一方で、生徒一人ひとりに、科目による得意不得意があります。

もちろん、科目や分野による凸凹は極力なくしていくよう指導しますが、全般に高難度の医学部入試に臨むうえで、最終的には個々の学力上の特徴から狙いやすい大学を探り、そこに向けて戦略的、効率的に学習していくことが重要です。

そこで、教務が各科目講師と密に連携をとり、生徒の科目ごとの状態を詳細に把握したうえで、各科目、およその最終目標到達点を伝えていきます。それにより、生徒には各科目にかける力配分を自覚していただき、授業外の時間を効率よく使えるようフォローいたします。

後期終盤には、生徒ご本人と各科目担当講師の意向を考慮のうえ、対策をより入念に行うべき大学(その生徒にとって合格を狙いやすい大学)を3,4校くらいに絞り、直前期に効率的な対策ができるようサポートいたします。

このように、各科目講師と教務がチームを組んで、生徒一人ひとりを合格へ導く態勢をとるのも当コースの特長の一つです。