双方向コミュニケーションによる、問題箇所のあぶり出しとそのカバー

授業において、私たちは、生徒の「わかりました」という言葉をあまり信用しません。一対一の授業なので、本来生徒は気軽に質問できるのですが、中にはどうしても遠慮がちになってしまう方もいれば、本人は本当にわかったつもりでいても、実際は十分な理解に至っていないケースがよくあるからです。

そこで授業では、「ここは何でこの答になるの?」、「どうしてこの解法にたどりついたの?」といった具合に、講師から発問することがよくあります。

この双方向コミュニケーションを通して、生徒が勘違いしていたこと、理解不十分であったことなどが見つかれば、すぐにその場で対処します。

さらにこのスタイルは、次に記す、生徒の誤った学習法を見出し、改善させるうえでも有効です。