S.U. さん(佐賀県・私立東明館高校卒業)

進学先:金沢医科大学医学部医学科

「個別授業を受けることで、授業外の時間の使い方が一変し、成果に結びついたように思います」

昨春は、前年度1次をクリアした大学も含めて1次全滅に終わってしまい、自信があっただけにその結果はとてもショックでした。同時に、自分の勉強が少しマンネリ化しているようにも感じていたので、思い切って環境を変えようと思い、赤門会で個別授業を受けることにしました。

授業が始まると、それまでの勉強がいかに独りよがりのものであったかがわかりました。以前は、集団授業で先生方から聞く話を自分の都合のよいように解釈し、授業外の時間の使い方にしても、本来やらなければいけないことよりも、関心の強いことばかりに時間を割いてしまうようなところがありました。

赤門会で一対一の授業を受けていると、自分の答案や、先生の問いに対する自分の返答に関して、先生方がいろいろとアドバイスをしてくれます。一般論ではなく、自分の状態を把握したうえで話してくれるので、耳の痛いときもありますが納得できますし、頭にも残ります。

また、どの科目も授業が終わるたびに多くの宿題が指示され、さらに定着度確認テストに向けての準備もしなければいけないので、授業外の時間の使い方を自分で考える余裕などとてもありませんでした。人にもよるのでしょうが、自分にはこのようなスタイルがよかったように思います。

【赤門会より】

授業外の時間に、復習よりも、初見の難しめの問題にじっくりと取り組むことを優先してしまう方はよく見受けられます。Uさんも以前はそういうタイプだったようですが、そこを改善して、合格を勝ち取ることができました。