N.F. さん(千葉県・私立志学館高等部卒業)

進学先:北里大学医学部医学科

「時間の使い方を改善して勉強の効率を上げたこと、苦手にしてきた英語を伸ばせたことが合格できた要因です」

浪人生活3年目となる自分にとって、翌年から新課程入試になることもあり、最後の勝負の年でした。予備校の選択は迷いましたが、多浪生の合格実績が高いように思えた赤門会で勉強することを決めました。

今年大きく変わったのは時間の使い方です。特に数学に言えることですが、以前はつまずいた問題を自力で克服しようとして多くの時間をかけていましたが、先生方からそれを止めるように言われました。少し考えて解決できないときは先生に質問し、その分、復習に時間をまわすようにしました。

ずっと足を引っ張られていた英語は、なんで伸びないのかを先生にいろいろと相談しました。そして、暗記だけに頼らないで文法問題を解く方法を教わったり、英文和訳での減点を減らすために、かなりの量の添削指導を受けたりすることで、最後の模試では、マーク・記述ともようやくその成果が現れました。

赤門会ではすべて個別授業だったので、どの科目も進度が速かったのですが、わからないところはその場で質問ができ、苦手な箇所には十分な時間を割いてくれました。英語に関することでもう一つ補足すると、自分が語い不足にだいぶ困っていたので、巡回型個別指導で行う単語テストの他に、佐藤先生の授業でも毎回単語テストを取り入れてくれました。英語の成績アップにはこの効果もあったと思います。

【赤門会より】

翌年からの新課程入試を気にし、最初は少しあせりも見られたようです。伸び悩んできた英語をはじめ、どの科目も講師の指示に素直に耳を傾け、地道な努力を重ねることで成果をあげられました。