大学受験・医学部受験に強い個別指導の塾・予備校-赤門会

講師紹介・指導方針

  • HOME »
  • 講師紹介・指導方針

講師紹介・指導方針

塾長 武藤広明 (東京大学理学部数学科卒)

塾長 武藤広明  東京大学理学部数学科卒

今でこそ「個別指導」をうたう塾・予備校は多数ありますが、赤門会は創立以来40余年、一貫して「実力講師による完全一対一のマンツーマン授業」にこだわり、大学受験指導に携わってきました。

赤門会では、いずれの科目でも基礎をしっかりと身につけることを重視します。「基礎=簡単に身につく」と思われがちですが、教える側に立つと、基礎事項を生徒にわかりやすく説明することはとても難しいものです。その分野・科目の全体像を完全に把握できていなければ、正確な内容を適切な言葉で伝えることはできません。また、マンツーマン指導を行うには、学力はもちろんのこと、個々の生徒と良好なコミュニケーションをとり、生徒を力強く引っ張っていくための人柄や指導力が求められます。それだけに、当会では講師の選定に厳格な姿勢で臨んでおり、東大卒中心の、いずれも指導経験豊富なプロ講師から成る陣容を敷いています。


教務 高木篤志 (中央大学法学部政治学科卒)

教務 高木篤志  中央大学法学部政治学科卒

赤門会では、常日頃から生徒が勉強に専念しやすい環境づくりに尽力すると共に、授業以外の場面でも生徒一人ひとりと向き合い、その目標達成に向けてきめ細かなサポート体制をとっています。

例えば、受験年次生に対しては、模試成績や学力上の特徴を踏まえた受験校の選定、受験スケジュールの策定について適切なアドバイスをいたします。また、AO入試や推薦入試ではもちろんのこと、医学部では一般入試でも、出願書類に志望理由の記述を求められるケースがあり、中にはそれに時間をかけすぎてしまう方も見受けられます。そこで、大事な入試直前期に時間を有効に使えるよう、それらの添削指導を行います。医学部志望生には、面接試験の対策指導も入念に行います。

その他、受験で成果をあげるにはご家族のサポートも重要であることから、毎月ご家庭へお送りする指導報告書、年2回の父母面談会など、保護者様と密な連携をとることを重視しています。


以下に、各科の代表的な講師、および指導方針を紹介いたします。
なお、ここでの指導方針は、マンツーマン・スタンダードコース向けに記した内容となっています。

英語

高2生以下の生徒を対象に学校定期試験対策をメインとする場合でも、入試に向けて確固たる基礎力を身につけるための指導を行います。文法面では、問題によって、正答の根拠をきちんと言えるかをチェックし、読解については、文法・語法知識を駆使し、構文を正しく把握したうえで読み解く訓練を積んでいきます。

受験向けの指導では、多くの受験生が陥りがちな、文法面での「丸暗記学習法」からの脱却を図ります。暗記一辺倒のスタイルでは、少しひねられた問題に対してミスを犯しやすく、模試偏差値も60程度で頭打ちになってしまうからです。具体的には、「文型・品詞・自動詞と他動詞の区別」といった最重要基本知識に基づく論理的な思考によって正答を導く訓練を積んでいきます。少々難しそうなイメージを抱くかもしれませんが、「マンツーマン指導」の利点を生かし、生徒が納得するまで丁寧な解説を行うので心配は要りません。その他、語い力に不安がある場合は、単語集を用いた小テストを毎回課していくことで、その増強を図ります。

以上のような対策から修得できる「本物の英語力」は、文法問題のみならず、長文読解、英作文にも大いに生きます。そして、入試においては、他科目のある程度のビハインドはカバーし得る、あなたの決定的な“武器”になります。

数学

高2生以下の生徒に対し、学校定期試験に向けた指導を行う場合でも、入試に直接役立つ形で、各分野の基本知識、および典型問題の解法を体系的に整理しながら身につけていくよう指導いたします。既習範囲に苦手箇所がある場合は、季節ごとの長期休み期間などを利用してその復習を行います。

対受験年次生で、学校や他塾の授業のフォローを行うケースでは、まず生じた疑問点について説明し、併せてその類題演習を課すことで、周辺部分も含めてその分野における得点力を高めていきます。当会で独自に学習を進める場合は、その時点の学力状態、および最終目標を勘案したオリジナルのカリキュラムを作成いたします。

いずれのケースでも、数学を学ぶうえでの最重要ポイントは、演習後の答え合せの際、正答・模範解法の確認といったレベルで終らせないことです。正しい基礎理解の上に、適切な方針に基づいて解けたか否かをきちんと見極め、必要であれば、その都度基本に立ち戻ることが大事です。「問題ごとの解法理解、暗記」といった安易な学習法に陥ってしまう方がよく見受けられますが、それでは初見問題への対応力が伸びません。逆に、磐石な基礎理解の上に築き上げた真の実力があれば、入試では、数学を圧倒的な得点源にすることができます。

物理・化学

【物理】

自然法則をどのように問題解法に使うかを学ぶのが高校物理です。問題を解くことがより深い自然法則の理解につながり、法則の理解が深まれば、さらに問題が解きやすくなります。一見遠回りのようですが、このサイクルが物理の修得には重要です。

しかし、クラス授業や参考書を読むだけの一方向の知識のインプットでは、自然法則の理解に困ることがあります。「納得できなくとも割り切って覚えると」いう方法もありますが、それでは本質を問うような初見問題への対応が困難になります。その点、赤門会のマンツーマン授業では、疑問点はその場ですぐに解決できます。また、生徒本人に自覚はなくとも、対話を通じて、理解が不十分であることがわかれば、これもその場ですぐに対処することで、時間効率の高い授業を進めていきます。

【化学】

まず、化学の世界に興味をもち、できるだけ楽しく学んでいただくことを目指します。知識面では、学習内容が記憶に残りやすくなるよう、極力日常生活と結びつけて、資料集や分子模型を駆使しつつ視覚的に学んでいきます。そのうえで、いかにして効率よく覚えるか、その方法を伝授します。さらに、なるべく多くの問題に当たることで、記憶の精度を高め、実戦力を磨いていきます。

計算問題については、与えられた問題の出題パターンを見抜く力と、パターンごとの解法手順を身につけることを目標とします。計算問題を苦手とする生徒については、最初のとっかかり部分だけでなく、解答過程を詳細にチェックすることで、ミスを犯しやすい要因、時間がかかりすぎる要因などを探り、それらをピンポイントに是正していきます。

生物

大きく分けて三段階で志望校に合格できるレベルにまで引き上げていきます。まずは、基本レベルのテキストを何冊か扱うことで、一通りの基礎力を身につけます。この段階を完成させることで、志望校の過去問に際して「解説を読めばほぼ理解はできる」という状態に届きます。

次に、志望校、および志望校の出題レベルに近い大学の近年の過去問を単元ごとに解き進めます。実際の入試問題となると、問題文の長さ、複雑さといった点で、基本問題とは大きなギャップがあります。そこで、早い段階で過去問に当たることで、その難度に慣れ、実験考察問題等の難解な問題文を読解する際のポイントや、記述形式の答案を作る際の要点を学び、実戦力を磨いていくことは重要です。

そして、最終的には受験校ごとに過去問を通して解くことで、各校の出題傾向や大問ごとの適切な時間配分などを頭に入れ、本番に備えます。

国語・小論文

受験国語にセンスや才能は必要ありません。もちろん、一定レベルの語い知識は必要ですが(古文では文法、漢文では句法知識も必要です)、それがクリアできていれば、問題文に書かれている客観的な情報のみを基準に正答を得る解法技術を身につけることで、必ず合格点をあげられます。授業では、各志望校の出題形式・問題難度に即した演習をこなす中でこの技術を学び、初見問題に際して自力で駆使できるレベルにまで高めていきます。

小論文については、文全体をいかにして構成するかを学ぶと同時に、志望校ごとの出題傾向を踏まえて、論述するうえで必要十分な知識を身につけていきます。そのうえで、なるべく多くの答案を作ってもらうことで効率よく実戦力を養い、それらの添削指導を通して、文章表現力も鍛えていきます。

アクセス
PAGETOP
Copyright © Akamonkai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.