大学受験・医学部受験に強い個別指導の塾・予備校-赤門会

医学部受験マンツーマン総合コース

  • HOME »
  • 医学部受験マンツーマン総合コース

医学部受験マンツーマン総合コースの概要

aka_p_4医学部受験マンツーマン総合コースでは、高卒以上の方を対象に、私大医学部受験に必要な全科目についてマンツーマン授業を行います。当コースの特長は以下の9点です。

[1] 医学部入試を熟知したプロ講師による、全科目完全一対一のマンツーマン指導

昨今では、ほとんどの塾・予備校が「個別指導」をうたっています。少人数クラス制をとる医系予備校でも、そのほとんどが「個別指導」を併設しています。クラス授業の習熟度が怪しくなると個別の受講を勧められ、「途中からはほとんど個別中心で受けていました」などという声もよく耳にします。
当コースでは、すべての授業を、医学部入試を熟知したプロ講師による完全一対一のマンツーマン形式で行います。

[2] 苦手科目・分野により多くの時間を割く、効率重視の個人別カリキュラム

4月の開講から実質9箇月で成果をあげるには、ただ一心不乱に机に向かうだけではいけません。無駄と思われる時間を排除し、優先度の高い課題により多くの時間を割く、効率重視の学習スタイルが必要です。

「優先度の高い課題」とは、個々の生徒にとっての苦手科目・分野の克服です。合格ラインに足りない部分を補うには、それらを補強することが最も効率的です。しかし実際は、苦手をつい遠ざけてしまったり、基本の定着をおろそかにしたまま、初見の、かつ難しめの問題にばかり取り組む方がよく見られます。

当コースでは、各科目、生徒一人ひとりの状態に合せて扱う内容に強弱をつけ、後期中盤以降は、受験校ごとの出題傾向を踏まえた、徹底的に時間効率を重視した指導を行います。

[3] 双方向コミュニケーションによる、問題箇所のあぶり出しとそのカバー、および誤った学習法の徹底改善

授業において、私たちは、生徒の「わかりました」という言葉をあまり信用しません。一対一の授業なので、本来生徒は気軽に質問できるのですが、中にはどうしても遠慮がちになってしまう方もいれば、本人は本当にわかったつもりでいても、実際は十分な理解に至っていないケースがよくあるからです。

そこで授業では、「ここは何でこの答になるの?」、「どうしてこの解法にたどりついたの?」といった具合に、講師から発問することがよくあります。そうした双方向コミュニケーションを通して、生徒が勘違いして頭に入れていたこと、理解不十分であったことなどが見つかれば、すぐにその場で対処します。さらにこのスタイルは、次に記す生徒の誤った学習法を見出し、改善させるうえでも有効です。

[4] 基礎理解の徹底

ある問題で正解しても、正答の根拠を言えない、正答(正しい解法)にたどり着いた思考プロセスを説明できないのでは、正答や解法をただ覚えるだけの暗記頼みの学習に陥っていることが考えられます。

これは非常に危険な兆候ですが、基礎理解を伴わない、そのような状態に陥ってしまうことはよくありがちです。数学や物理・化学で模試成績のぶれが大きい方は、たいていこれにあてはまります。公式や解法が半ば「呪文化」し、それらに当てはめて解いた結果、たまたま完答することが起こり得るからです。

また、「英語こそ暗記科目」と捉えている方も多いですが、その姿勢では文法・語法問題での取りこぼしがなくなりません。

特に数学や物理・化学の正しい学習の流れを記すと、以下のようになります。

(1)正しい基礎理解

arrow_down_up

(2)インプット(記憶)⇔アウトプット(演習)

arrow_down_up

(3)つまずいた問題の反復 ⇒ 定着

この流れの中で、最も重要な点は、(2)の演習のときに、前段階の基礎理解が十分であるかをチェックしつつ、例題演習を通して、体系的に整理した知識を固めていくことです。続いて類題に当たるときも、それらの知識を駆使して考える必要があります。

しかし実際は、類題につまづくと、各々の解法そのものを理解、暗記して済ます方がよく見受けられます。

一般にクラス授業では、(1)にあまり時間をかけずに問題の解説講義に入ることが多いので、(1)が不十分な生徒は、何となくもやもやしながらも、「問題ごとの解法理解・暗記」で済ましてしまいがちです。
そして、次の講義についていくために、予習に十分な時間をとらなければいけないので、どうしても(2)の後半部分(類題演習)、および(3)がおろそかになってしまいます。

これが「塾・予備校の授業は真面目に受けているのに成果を出せない方」の典型例です。

[5] 復習の徹底/授業を受けっぱなしにさせない、各科目毎週実施(60分)の定着度確認テスト

伸び悩む生徒に着目すると、授業の予習に追われて、復習 [インプット⇔アウトプット]→[つまずき箇所の反復] が手薄になってしまいがちです。

ただ、クラス授業を受けていると、それだけでかなりの拘束時間となり、かつ授業の予習もこなすとなると、やむを得ないようにも思われます。これが「真面目な生徒」ほど陥りがちな落とし穴です。

「効率重視のマンツーマン指導」と言えども、授業を受けっぱなしにしてしまっては無意味です。「授業で疑問を解消できたら、それで終わり」、これでは絶対に伸びません。そうならないように、授業時間外は、各講師から指示される課題をこなすことにより、予習の他、上記(2)の補完、および(3)に相当する学習に取り組んでいただきます。

さらに、科目ごとに、毎週「定着度確認テスト」を課すことで、その成果をごく短いスパンでチェックしていきます。テストは各生徒の授業進度に基づき作成されるので、一人ずつ内容は異なります。これにより、生徒の理解度・定着度を常に把握し、必要に応じてカリキュラムの修正を図りながら授業を進めていきます。

[6] 過去問演習⇒受験校ごとの対策を徹底

後期中盤から直前期にかけては、受験校ごとの過去問演習、およびその出題傾向に即した対策指導に多くの時間を割きます。例えば、ある大学に頻出の分野で問題が発覚したら改めてテキストに戻り、徹底的にカバーします。

時間的に厳しい試験については、適切な解答スピードを、体感することで身につけてもらいます。さらに、大問ごとの時間配分や解答順序、「捨て問」に関することなど、戦術面でも適切なアドバイスをすることで、受験校ごとに、学力プラスαの得点力を養います。

[7] 個人専用の学習ブースによる、万全な自習環境

目標達成のためには、授業外の時間を最大限に効率よく使うことが重要です。当コース生には専用ブースを提供し、基本的に授業外は常に自習に取り組んでいただきます。

ブースは「幅120cm・奥行き60cm」と十分なスペースで、その他ロッカーも提供いたします。自習可能時間は9:00~22:00と定めていますが、夕食時間の都合で早めに帰る入寮生などもいますので、この間机に向かうことを強制しているわけではありません。そのような方は、ご自宅で取り組んでいただくことになります。

少し厳しく感じるかもしれませんが、各講師から指示される課題をこなし、各科目の「定着度確認テスト」に備えるには、常時机に向かうくらいでないと間に合わなくなってしまいます。

入会に当たり、その可否を決めるテストは行いませんが、このような態勢に納得していただける、十分な学習意欲をお持ちかどうかは確認させていただきます。

[8] 各科目講師&教務によるチーム指導

入試で合否を左右するのは、あくまでも受験科目全体の合計点です。大学によって、科目ごとの配点・問題自体の難易度に差があるケースは少なくありません。一方、生徒一人ひとりに、科目による得意不得意があります。

もちろん、科目や分野による凸凹は極力なくしていくよう指導しますが、全般に高難度の医学部入試に臨むうえで、最終的には自分の学力上の特徴から狙いやすい大学を探り、そこに向けて戦略的、効率的に学習していくことが重要です。

しかし、これを生徒自身が推し進めるのは難しいものです。そこで、教務がその役を担います。具体的には、各科目講師と密に連携をとり、生徒の科目ごとの状態を詳細に把握したうえで、最終的に各科目をどの程度まで伸ばせばどの大学で合格が見込めるのかを生徒・講師に伝えていきます。

そうすることで、生徒には各科目にかける力配分を自覚してもらい、講師には、明確な目標に向けて、より効率的な指導ができるようフォローしていきます。

このように、各科目講師と教務がチームを組んで、生徒一人ひとりを合格へ導く態勢をとるのも当コースの特長のひとつです。

[9] 受験校の選定や出願書類作成上の指導、面接対策指導など、学科試験対策以外でも、長年の指導実績から蓄積された情報力を基に、教務がきめ細かなサポートをいたします。

後期終盤には、生徒の希望および学力状態を考慮し、対策をより入念に行うべき大学、適切な受験スケジュールを提案し、直前期により効率的な対策ができるようバックアップしていきます。

出願に際しては、志望理由の記述など、書類作成に大事な学習時間が圧迫されないよう、添削指導を行います。
また、2次試験日の希望日を選択する際は、考え得る状況を想定したうえで、極力試験日が重ならないよう、また移動になるべく負担がかからないよう(2次試験会場はたいてい本学です)、くれぐれも慎重に判断する必要があり、これについても確実にフォローいたします。

2次で課せられる面接試験については、各校の1次をクリアした時点で、徹底的に対策指導を行います。

実施要項

■募集対象

私大医学部志望の高校卒業生(高卒認定試験合格者・再受験生を含む)

※英語・数学・理科・小論文について、国公立大2次対策指導を行うことは可能です。ただし、既定カリキュラムには共通テストの国語(現・古・漢)と地歴公民対策授業を組み込んでいません。

■授業日程

【前期】4月中旬~7月中旬(14週)

【後期】9月上旬~12月上旬(14週)

※前期と後期の間は夏期、後期終了後は直前期となります。夏期・直前期には、前期または後期に実施できなかった分の振替授業を行う他、必要に応じてマンツーマン授業を追加受講することが可能です。

■受講科目

英語,数学,理科(物理・化学・生物から2科目選択),小論文,国語(共通テスト現代文対策)

※小論文・国語(共通テスト現代文対策)は選択制で、受講する場合、前者は後期後半7週、後者は後期前半7週に、週1コマ入れる形をとります。

■授業内訳

マンツーマン授業
(90分/コマ)
▸9コマ/週(後期は、小論文・国語を入れると週10コマになります)
▸9コマの科目配分は、生徒の要望や学力状態に応じて個々に決定いたします。
定着度確認テスト
(60分/コマ)
▸4コマ/週
▸主要4科目について、生徒個々の授業進度に合せて実施いたします。
英・数巡回型個別指導
(90分/コマ)
▸2コマ/週(英・数各1コマ)
▸内容の詳細はこちらをご参照ください。

■学費

項目 費用
1.入会金 100,000円
2.授業料(小論文あり)
授業料(小論文なし)
3,201,750円
3,123,000円
3.教材費等雑費 100,000円
4.専用ブース使用料 100,000円
小論文あり 合計額 3,501,750円
税込合計額 3,851,925円
小論文なし 合計額 3,423,000円
税込合計額 3,765,300円

※選択制の国語(共通テスト現代文対策)を受講する場合、78,750円(税別)の授業料が加算されます。

※上記には、夏期・直前期の追加受講分の費用は含まれていません。夏期・直前期にマンツーマン授業を追加受講する際の授業料は《7,200円(税別)/時間》より算出します。

※夏期・直前期にどの程度授業を追加すべきかは、生徒個々の学習進捗状況により異なります。

【夏期・直前期追加受講学費例】

追加授業コマ数 税込費用
10コマ 118,800円
20コマ 237,600円
30コマ 356,400円

アクセス

夏期集中マンツーマン指導コース(夏期講習)

スペシャルインタビュー

スペシャルインタビュー

「大手予備校で3年間、1次合格も果たせませんでしたが、赤門会に来て1年で3校の医学部に合格できました」
愛知医科大学1年生:福永咲さん(中),お母様(左)
インタビューは↑写真をクリック

「前年度1次合格にかすりもしなかった僕が、1年間で偏差値が15以上伸び、医学部に合格できました」
北里大学医学部医学科合格:植野礼さん(右)
インタビューは↑写真をクリック

PAGETOP
Copyright © Akamonkai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.