大学受験・医学部受験に強い個別指導の塾・予備校-赤門会

進学先:東京医科大学医学部医学科

Y.K. さん(東京都・私立暁星高校卒業)

進学先:東京医科大学医学部医学科

「開講してすぐ、集団授業についていくことが危ういと思った数学と化学を受講し始めたことが正解でした」

「浪人する以上は目標を高く」と考え、医学部受験予備校の国公立大コースでスタートを切ったのですが、予想以上に授業レベルが高く、とてもついていけそうになかったので、そのフォローも兼ねて、5月から赤門会で数学と化学を受講し始めました。

最初は結構驚いたのですが、数学の鈴木先生、化学の林先生ともに、いきなり持ち込んだ難しめの国公立大過去問でも、その場ですぐにわかりやすく解説してくれました。個別指導でこういう対応をしてくれる先生は初めてでした。合格できた一番の要因は、苦手な数学を伸ばせたことだと思います。「つまずいた問題の解法のポイントになる考え方を理解したうえで覚え、初見の類題に対応できるようにしなさい」といつも言われていたことの重要性が何となくわかるようになると、それからは徐々に伸びてきていることが実感できました。

入試本番では、国公立大には届きませんでしたが、私大の複数校に合格できました。私大の場合は、1校ずつ頭を切り替えて試験に臨むことが大事だと思います。序盤に手応えのよかった大学が1次で不合格に終り、くじけそうになりましたが、何とか気持を入れ替えてがんばることができました。その不合格になった大学は、進学を決めた東京医大よりも難易度は低かったので、模試の合否判定や難易度ランキングはあまり当てにならないような感じもしました。

【赤門会より】

5月に来会されたときはだいぶ困っている様子でしたが、その後地道な努力を重ね、成果をあげられました。「浪人する以上は国公立大を」との気持はわかるのですが、安易な判断は禁物でしょう。

アクセス
PAGETOP
Copyright © Akamonkai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.