大学受験・医学部受験に強い個別指導の塾・予備校-赤門会

進学先:杏林大学医学部医学科

K.W. さん(東京都・私立海城高校卒業)

進学先:杏林大学医学部医学科

「個別授業に切り替えて、各科目の苦手を克服することができました。」

1浪目は大手予備校、2浪目は医系予備校で集団授業を受けていたが、各科目の苦手分野をずっと放っておきがちだった。苦手な分野では何がわからないのかがわからず、何を質問すればよいのかもわからず克服できなかったが、プロの講師に基礎から個別で見てもらうことで、何がわからずその分野が苦手だったのか、なぜできなかったのかがわかるようになってきた。

自分からわからないところを質問するだけでなく、自分で解き方を説明させられたり、講師から質問してくれたりして、何を質問すればいいのかわからなくても講師から聞かれたことに答えるうちに苦手な分野もできるようになってきた。自分ではできていると思っていた分野でも基礎の部分で思い違いをしていることもあり、それにも気づかされた。

講師と一対一なので予習復習や宿題をしてきたかしっかりとチェックされるので、さぼれずしっかりとすることができた。

自分に合ったペースで授業を進めてくれるので、得意な科目(物理とか)はしっかりと理解していればどんどん先に進んで、過去問を早くから始められたり、苦手な科目(化学とか)ではわからないまま先に進まないようにじっくりやるなど、無駄なく勉強できた。

授業中に先生の解説でわからないところがあっても、集団授業ならすぐ質問できず、それについて考えている間に次の解説を聞き逃がしたり、結局わからないところを質問するのを忘れてしまい、わからないままになることもよくあったが、個別ならその場ですぐ質問できるのでわからないままになることはない。

見てくれる講師がバイトの学生でなくプロなので、質問に答えるときも答だけでなくその周辺知識を教えてくれたり、その分野について理解しているか逆にいろいろと質問してくれるので、新しい発見が結構あった。

林先生(物理)からは物理についての雑学で興味深い話が聴けた。武藤先生(数学)からは一つの問題に対して多くの解法を教えてもらうことで理解が深まった。林先生(化学)は苦手な化学で疑問が残らないよう、緩めのペースで丁寧に説明してくれた。過去問に取りかかるのが遅くなったが、何とか間に合った。長井先生(英語)は、毎週の定着度確認テスト以外にも授業の最初にテストをしてくれて、特に英文法の力をつけてくれた。

【赤門会より】

センター利用入試で合格されましたが、昨年まではマーク模試で7割程度の得点率だった英語で196点とれたことが決め手になりました。

アクセス

夏期講習
PAGETOP
Copyright © Akamonkai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.