大学受験・医学部受験に強い個別指導の塾・予備校-赤門会

進学先:昭和大学医学部医学科

H.H. さん(長野県・私立佐久長聖高校卒業)

進学先:昭和大学医学部医学科

「昨年も決して怠けていたわけではありませんが、この1年は努力の仕方を変えたことで、成果に結びつきました」

「今年だめなら医学部をあきらめる」という覚悟を決め、学習環境を大手予備校の集団授業から赤門会の個別授業に切り替えて、この1年をスタートさせました。昨年までとの違いは、どの科目でも、授業を通して何がわかっていないのか、どこに問題があるのかを明確にできたことです。各先生方からは、明らかになった問題箇所に関する課題が多く指示され、自習時間にそれらをこなすことで、ただ漠然と予習に多くの時間を費やしていた昨年と比べて、学習効率がだいぶ高かったように感じます。

科目別に見ると、一番伸ばせたのが英語でした。まず、語いをなかなか増やせないのが課題の一つでしたが、年間を通して単・熟語テストが行われ、毎週その準備を強制されることで、見違えるほどの語い力がつきました。さらに、文法面では授業が始まってすぐに「今までのような暗記一辺倒では、もうこれ以上伸びないよ」と古庄先生から指摘され、それからは、文型・品詞・自動詞と他動詞の区別に着目して論理的に問題を解く方法を徹底的に教わりました。そのような指導を受けるのは初めてだったので、最初は少し戸惑いましたが、徐々に先生の言わんとすることが見えてきました。そして、最終的には文法問題で取りこぼすことはほとんどなくなり、その効果は抜群でした。それからもう一点、長文読解のスピードを上げることが課題でしたが、これについては、井上先生の指導の下、返り読みをせずに意味をとっていく訓練を徹底することで、時間はかかりましたがだいぶ改善できました。

一番苦手だった数学については、英文法と同様に、それまでの丸暗記学習の弊害を指摘されました。鈴木先生からは、解法そのものではなく、その解法に持ち込むまでの考え方を理解し、覚えるよう指導され、自分でもそのことを強く意識するようになりました。模試成績では英語ほどの伸びは示せなかったものの、入試定番レベルの問題であれば、多少いじられても対応できる力はついたと思います。

振り返ると、昨年は授業を優先させすぎて、自分の勉強時間を確保できなかったのがいけなかったように思います。ハイレベルの集団授業なので「予習を綿密にしないとついていけなくなる」という恐れがあり、その一方で復習がおろそかになりました。赤門会では、授業で拘束される時間はだいぶ減りましたが、その分、一人で机に向かう時間が増え、そこですべきことを先生方が詳細に指示してくれました。余計なことを考えずに済み、ひたすら言われたことに集中したのがよかったのだと思います。

【赤門会より】

昨年は大手予備校の授業を一切休まず、全力で臨んだとのことですが、ある意味、真面目な性格が災いしてしまったようです。この1年は学習スタイルを一変させることで、見違えるような伸びを見せてくれました。

アクセス
PAGETOP
Copyright © Akamonkai All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.